衛生的に使いたいまな板のメンテナンス法

日々衛生的にまな板を使用するためのメンテナンス方法とは

水が付いたままにしておくと食材に余計な水分が付く

まな板専用の除菌剤やお手入れ方法

日々使用するまな板は、キッチンの必需品です。
「清潔にしていなくちゃ」と思う反面、いつもは他のお皿と同様に、食器用洗剤でサッと洗うだけという方も多いのではないでしょうか。
最近の食器用洗剤は除菌力が高く良質なのですが、果たしてそれだけでまな板のお手入れが完了するのでしょうか。
まな板専用の除菌剤やお手入れ方法で、どのような危険が予防することが可能なのかについてお伝えします。
まな板は包丁による傷が多数付いているため、サッと洗っただけでは汚れを落とすことはできません。
まな板に菌などが付くと、その落としきれなかった汚れをエサとして、非常に勢いよく繁殖します。
まな板には直接食材を置くので、他の食材への二次感染を起こしやすくなるでしょう。
まな板の黒ズミの正体はカビ、カビは湿度を好むためお手入れはこまめにしないと、まな板に付いた傷からどんどん黒ズミが広がってしまうことになります。

毎日のお手入れで除菌を行うこと

一度カビが発生してしまうと、まな板の黒ズミは通常の食器用洗剤では落とすのが困難だといわれています。
日々のお手入れで除菌を行うことにより、これらのカビや菌の繁殖を予防することが可能でしょう。
まな板に合う除菌剤やお手入れをすることにより、様々な危険を防ぐことができるでしょう。
生の魚や肉には、サルモネラ菌や大腸菌などの雑菌が付いています。
また、手やキッチンスポンジにも多数の雑菌が付いていますが、食中毒の要因の多くは、食品の中で増えることで食中毒を引き起こす可能性が高いようです。
数が少ない場合でも食中毒を発症させる菌がいるので、様々な食材を乗せることが多いまな板の除菌については、食中毒の予防においても非常に効果的でしょう。
まな板には木製や樹脂製などがありますが、プラスチック製のまな板は水が染み込むということもほとんどないので、扱いやすいキッチン用品です。


このコラムをシェアする